円山裏参道に誕生した本格ナポリピッツァのお店Lucci(ルッチ)。お店の情報や旬な話題、ルッチの日常や裏話を綴る   スーペルブログ。         (C)2008-2009


by pizzerialucci
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

Marche州に引越し

お正月に投稿したっきりでしたが・・・
新天地に正月早々引越しし、インターネットなしの環境にさらされていました。
4年間住み慣れたFirenzeから引越し、
ここは、イタリア中東部アドリア海にどっぷりと面するマルケ州。
とはいっても、僕は山側のまさに山の中のレストランにおります。

携帯電話の会社によっては全く電波が届かない。
今日は、バスを3本乗り継いで街に出て、
ネット環境を整えるべく、パソコンに取り付けてネットが出来るキットを調達してきました。
このレストランは、日本ではあまり日常では馴染みが無い、野禽類、イノシシ、鹿などの料理、またアドリア海で取れる魚、海老を使った料理を得意としています。
北海道にも広くは知られていないにしろ、野うさぎや野鳥、イノシシを自分たちで仕留めて、それを食している人たちがいるわけで、そうした食習慣がやはり浸透しているイタリア(広くはヨーロッパ)でどうしても学んでおきたいです。
また、イノシシも自分たちで飼育していて、それを使って生ハムやソーセージを作ったり、内臓を使って料理したり、土地のクオリティーが高い豚を丸ごと買って、捌いて・・・生ハムや土地の作り方でサラミを作ったり、ソーセージを作ったりしています。この儀式というか作業というかは、大体が1月の寒い時期に行われます。
イタリア(ヨーロッパの他の国にも言えるけど)のすごいところは、豚の肉から骨から皮から内臓から脳みそから血に到るまで全部使うところです。シチリアのことわざにも「(中略)豚を殺せば1年は幸せになれる」とあるように。それが一般にも認知され、そういった食習慣が本当に昔からあるんだろうなぁ、と感心させられます。

いやぁ来て早々、かなり鮮烈に記憶に残るシーンからここでの生活が始まったわけですが、また食以外の部分でも色々載せていきますのでお楽しみに!
写真は豚飼育農家のサラミ・生ハム貯蔵室にて。

c0188145_6162040.jpg
[PR]
by pizzerialucci | 2009-01-22 01:09 | 遠距離シェフの日記