円山裏参道に誕生した本格ナポリピッツァのお店Lucci(ルッチ)。お店の情報や旬な話題、ルッチの日常や裏話を綴る   スーペルブログ。         (C)2008-2009


by pizzerialucci
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

もうすぐ夏

 こんにちは!冨田です。久しぶりの登場ですみません。
最近急に暑くなってきましたね。暑いといえばルッチの店内は500度にまで上がった石窯もあり、
キッチンはさらに暑いです。汗ダラダラ~。(客席は冷房があるのでご安心を)でも今の季節、お客様にとってはテラスが気持ちいいとき。テラス希望のお客様も急増中ってことでなんだかうれしくなります。

さて自分は今、夏に向け冷製パスタやその他もろもろ開発中。
先週からですかね、デビューしました自家製生パスタを使ったラザーニャ!
毎日数量限定、平日のランチタイムは無し。時間も20分~25分かかりますが
機会あれば食べてみてくださーい。
[PR]
# by pizzerialucci | 2009-06-28 01:40 | 冨田の日記

休日には

先週の月曜から木曜日まで、この間まで麻布十番や恵比寿のエノテカやリストランテでブイブイバリバリやっていたソムリエの楠原さんが、こんな片田舎まで遊びに来てくれました。

楠原さんは、Lucciのブログともリンクして頂いているM子姉さん
http://ameblo.jp/chanelchannel/ が紹介して下さいました。
M子姉さんは、僕がフィレンツェで働いていた時に、たまたま来てくださったお客様のお知り合いで、2年ほど前、われらが店長の冨田と共に横浜でM子姉さんや皆さんとお酒をご一緒した経緯があります。

楠原さんは何とも羨ましい3ヶ月弱!の長丁場のイタリア旅行を敢行中で、フリウリ・ベネツィア・ジューリア州では片道2時間半の醸造所『Girolamo Dorigo』までの道のりを歩き、帰りは試飲で結構(かなり?)酔いながらもまた2時間半の道のりを戻り、ピエモンテ州では借りた自転車でBaroloやBarbarescoの畑や醸造所を激走、渡り歩き、トスカーナ州ではフィレンツェからレンタル自転車ごと電車に乗り込み、20キロの道のりを自転車で回るなど、ワインについて並々ならぬ情熱を燃やしています。やるなぁ。
こんな漢とは、やはり飲まないわけにはいきません。

僕が毎週通っている港町Fanoにあるエノテカ『Enoteca D'oste』で、
Fanoのリストランテで働くのぞみさんを誘ってマルケ州のワインのみで試飲を開始。
白はPecorino、Passera、Verdicchioというマルケ州土着品種に始まり、赤はマルケのSangioveseを試してもらい、その後はMontepulcianoとSangioveseの混醸を。
c0188145_4442049.jpg
閉店の21時まで粘り、場所を変えて『Osteria 26』でサラミ、生ハム盛り合わせと、この地方のパン(エミリア・ロマーニャ地方とのとは少し異なる)Piadinaで軽く食事。
ここでは白に戻って『Fazi Battaglia(確か・・・)』のVerdicchio dei castelli di Jesi Classicoを頂く。ここでみんなかなり酔ってましたね、ってそりゃそうか・・・4時就寝。

次の日は昨日同行したのぞみさんが働くリストランテでランチを頂きました。
ここのメニューは肉がなく魚だけと言う、そして魚もアドリア海でとれたものだけで、その日に全て使い切ると言うこだわりの店。
何度も伺っていますが、本当に好きな店です。ワインは『Mancini』のRoncaglia 2007 AlbanellaとPino neroという組み合わせの白。これも美味しかったなぁ。

翌日は僕が働くトラットリアにきてくれました。
楠原さんが来た時に開けようと思っていた『Moroder』DORICO RossoConero1997。かなり良かったですね、楠原さんもかなり気に入ってくれたみたいでした。
仕事後も今度は僕の家で朝6時くらいまで飲んだかなぁ・・・その日は量よりも1本をじっくり飲んだ感じ。

同い年で、目指すところに向かってちゃんと頑張っているソムリエとワインを共にするというすごく濃密で刺激的な時間。次回は日本で飲みたいっすね!!
[PR]
# by pizzerialucci | 2009-06-17 04:52 | 遠距離シェフの日記
先々週から、今働いているトラットリアの定休日に祝日が重なり、暫く休日がとれずどこにも出かけられない日々の中・・・

5月29日30日に行われたマルケ州のCantina Aperta:カンティーナアペルタ(ワイン醸造所の開放日)29日の怒涛の土曜ランチ終了後に同僚のカルロとその友達の4人で参戦。
グラスを買うと好きな醸造所で試飲できる仕組み。ちなみにイタリアの他の州で開催されているところもあります。
飲食関係の仕事をしている人かガンガン試飲して、最後に直売所で色々購入していく人や、これを機会に地元のワインに触れ、新たなワインとの出会いを求める人もいれば、仲間とワインを片手にひたすらしゃべり倒している人も見受けられる。

62箇所の醸造所が開放されていましたが、2時間の休み時間では移動も含めて2箇所が限界でした。
駐車場から車があふれるほど混雑している「Bucci」で白Verdicchio dei castellidi Jesi 2007・2008・赤Pongelli 2006を試飲。
Verdicchio・・・では「Bucci」も好きなのですが、「La Monacesca」や「Santa Barbara」が造り手としては個人的にはやっぱり好きc0188145_426551.jpgかもしれない。今年のGambero rosso発行の『Vini d'Italia2009』でトレビッキエーリを獲得した2006年のRiservaを試飲してみたかったなぁ。
本当に行きたかったのはConero山の方やJesiの辺りなのですがなんせ時間がなくて・・・来年のリベンジを誓いました。

*写真は「Bucci」の醸造所にて、みんな試飲したり、つまんだり、しゃべったり。

帰り際に僕が勤めるトラットリアの近くの造り手「Fiorini」に寄って一通り試飲し仕事に戻る。
醸造所は不便な立地にあるところが多く、車で行く人が多いのですが。
う~む、多分皆さん●気帯びですかね、ここ最近は取締りが厳しくなったとはいえ・・・
ここはイタリア、気にしている人はまだそんなに多くないようですねぇ。
[PR]
# by pizzerialucci | 2009-06-16 04:01 | 遠距離シェフの日記

ご意見BOX

ルッチの化粧室には先月から ポストが設置されています。
お客様の声を伺う ご意見BOX です。

少しでもお客様の生の声を聞きたい。
もっと美味しくしたい。
更に喜んでいただけるサービスをしたい。

そんな気持ちで設置しました。

ルッチにご来店の際には、是非気軽にご意見お待ちしています!!

c0188145_1422678.jpg


戴いたご意見には、ブログ内でもできるだけ返答できたらとおもっています!
[PR]
# by pizzerialucci | 2009-06-13 01:47 | 小林の日記